着物を質屋に?それでいいの?

着物を質屋に?それでいいの?

基本的に高価な商品として扱われる着物。正絹など、高級な素材が使われている他、日本の伝統工芸として、芸術品として価値がある着物も多いことから、評価が高くなっている着物もあります。有名な作家さんのものだと、着るよりも展示、美術品として買取る場合もあるほどです。

 

そうした職人の技術力を結集しているようにみえる着物ですが、見る人が見ないと着物の価値など分からないまま、リサイクルに流されるだけです。質屋に入れる場合もできれば着物の専門、審美眼をもっている業者に売らないととても勿体ないことになります。

 

近くに着物専門の質屋があれば、持ち込むこともできますが、なかなか着物専門の質屋というのは実際多くはありません。ですから、電話などで簡単に相談でき、また送料無料で査定してくれる着物買取のサービスなどを利用するといいでしょう。ずっとタンスのなかにしまっておくより古い着物を有効利用しましょう。きっとそのほうが着物も喜ぶことでしょう。

 

せっかくですから、着物を質屋に出すときには、専門店で買い取ってもらうようにしましょう。それが高価買取のコツです。どうしても惜しいものだけは、ちゃんとした管理のもと、しっかり保管するようにしてください。