何となく流行で買った着物を処分!

何となく流行で買った着物を処分!

一時レトロブームなどもあり、昔の古い着物が市場に多く出回ったことがありました。ただ、当時の人(主に大正時代)はとても小さかったので、着物の腕の長さや丈が非常に短く、その分フリルなどをつけて洋服的にして紹介している雑誌などもありました。ただ、着物の価値としては普通の着物を加工してある分、評価が低くなる傾向もありますが、売れないこともありません。問い合わせてみて、引き取ってもらえるかどうかを確認してみてはいかがでしょう。

 

もしくは洋裁や手芸をしている人で、着なくなった着物の生地を利用して様々な和装小物やバッグ、小物を作っている人もいます。ただ、せっかく着物として仕立てたのですから、着物として着てもらえる人を探してもいいと思います。

 

着物リサイクルに出しても、高額評価を得られないものもあるし、そのまま引き取りになることもあります。けれども、まったくそうした場に出す事がなければ、その着物の本当の価値は分からないし、現代の人の身長やサイズに合わせて仕立てたものだったなら、十分高値買取の可能性はあります。

 

まずは無料で相談して、または着物自体を持ち込んで評価をしてもらいましょう。もし価格がつかなくても自分でアレンジして着用しやすくしてもいいでしょう。